★★OSOTOMAN OUTFITTER★★ おそとで遊ぶのが大好きな おそとマン! Let’s OSOTOMAN!

# それいけ おそとマン!

# サーフ着岸の装備

太平洋へ出撃するようになってから、沈するのが普通になってきた。以前は沈は事故のイメージでした。でもカヤックサーフィンやるようになってからは、引っくり返ろうが何しようがお構いなし。意識としては引っくり返るのは当たり前となりました。

ただ‥フィッシング装備の時引っくり返ると被害は大きいです。なんせフル装備。

ロッド&リール・ルアーなどのタックル・魚探・GPS・ランディングネット、アンカー、クーラーボックスなどなど‥

これらの装備が沈で無くなってしまうのはとっても悲しいです。(おそとマンは沖沈でロッド&リールその他タックル多数を奉納してます。詳しくは過去記事【リアル撃沈!】

突発での沖沈の場合はどうしようもありませんが、着岸での沈は覚悟の上です。そう考えるようになってから(‥というか、そういう状況からの出撃が多くなってきた。)サーフで着岸するときは準備が必要なのです。

◆サーフで着岸する時の装備

DSC04419.jpg  
ルアー、魚探、フラッグ、食料、その他の小物は全て中央のストレージに収納。この収納力がプロフィッシュの魅力の一つです。

ロッド、ランディングネット、バッカンなど、ストレージに入りきらない物は、ゴムネットをかぶせて流出しないように保護。(自転車カゴ用のネットを使ってます。)

バックシートも取り外し、カヤックサーフィンの体勢に。

そして‥クーラーボックスをシートポジジョンに??

DSC04440.jpg  

波が高く、もうこれはヤバイって時は、クーラーボックスを前に移して人間が後ろのオープンラゲッジへ座ります。

この方法が正攻法なのかは分りませんが、重心が後方へ移ることによって波に対してカヤックが横向かされる事が無くなります。そして後方重心になる事によって、バウが勝手に浮くのでバウ沈も無くなります。

試してみると分るのですが、波乗りしてみると、本当にビックリするほど安定します。結構な高さの波でもまずコケル事は無いと思います。(あくまで個人の実感です。)

欠点としては、極端な後方重心になるのでパドリングしても全然進みません。ポジションも悪くパトリングには向きません。あと、X-13なんかはオープンラゲッジの素材肉厚が薄く、体重を掛けると凹んでしまいます。軽量化のためでしょうか。ちょっと不安になります。ちなみにプロフィッシュはリブが入ってますのである程度は大丈夫かと思われます。

まあ‥もともと人が座る設計はしていないでしょうから当然なのでしょうが‥

一度試す価値はあるかも知れません。ただし正規の乗り方では無いでしょうから、トライする場合は十分注意して下さいね。

# サーフ着岸の装備

太平洋へ出撃するようになってから、沈するのが普通になってきた。以前は沈は事故のイメージでした。でもカヤックサーフィンやるようになってからは、引っくり返ろうが何しようがお構いなし。意識としては引っくり返るのは当たり前となりました。

ただ‥フィッシング装備の時引っくり返ると被害は大きいです。なんせフル装備。

ロッド&リール・ルアーなどのタックル・魚探・GPS・ランディングネット、アンカー、クーラーボックスなどなど‥

これらの装備が沈で無くなってしまうのはとっても悲しいです。(おそとマンは沖沈でロッド&リールその他タックル多数を奉納してます。詳しくは過去記事【リアル撃沈!】

突発での沖沈の場合はどうしようもありませんが、着岸での沈は覚悟の上です。そう考えるようになってから(‥というか、そういう状況からの出撃が多くなってきた。)サーフで着岸するときは準備が必要なのです。

◆サーフで着岸する時の装備

DSC04419.jpg  
ルアー、魚探、フラッグ、食料、その他の小物は全て中央のストレージに収納。この収納力がプロフィッシュの魅力の一つです。

ロッド、ランディングネット、バッカンなど、ストレージに入りきらない物は、ゴムネットをかぶせて流出しないように保護。(自転車カゴ用のネットを使ってます。)

バックシートも取り外し、カヤックサーフィンの体勢に。

そして‥クーラーボックスをシートポジジョンに??

DSC04440.jpg  

波が高く、もうこれはヤバイって時は、クーラーボックスを前に移して人間が後ろのオープンラゲッジへ座ります。

この方法が正攻法なのかは分りませんが、重心が後方へ移ることによって波に対してカヤックが横向かされる事が無くなります。そして後方重心になる事によって、バウが勝手に浮くのでバウ沈も無くなります。

試してみると分るのですが、波乗りしてみると、本当にビックリするほど安定します。結構な高さの波でもまずコケル事は無いと思います。(あくまで個人の実感です。)

欠点としては、極端な後方重心になるのでパドリングしても全然進みません。ポジションも悪くパトリングには向きません。あと、X-13なんかはオープンラゲッジの素材肉厚が薄く、体重を掛けると凹んでしまいます。軽量化のためでしょうか。ちょっと不安になります。ちなみにプロフィッシュはリブが入ってますのである程度は大丈夫かと思われます。

まあ‥もともと人が座る設計はしていないでしょうから当然なのでしょうが‥

一度試す価値はあるかも知れません。ただし正規の乗り方では無いでしょうから、トライする場合は十分注意して下さいね。

# サーフ着岸の装備

太平洋へ出撃するようになってから、沈するのが普通になってきた。以前は沈は事故のイメージでした。でもカヤックサーフィンやるようになってからは、引っくり返ろうが何しようがお構いなし。意識としては引っくり返るのは当たり前となりました。

ただ‥フィッシング装備の時引っくり返ると被害は大きいです。なんせフル装備。

ロッド&リール・ルアーなどのタックル・魚探・GPS・ランディングネット、アンカー、クーラーボックスなどなど‥

これらの装備が沈で無くなってしまうのはとっても悲しいです。(ホエア君は沖沈でロッド&リールその他タックル多数を奉納してます。詳しくは過去記事【リアル撃沈!】

突発での沖沈の場合はどうしようもありませんが、着岸での沈は覚悟の上です。そう考えるようになってから(‥というか、そういう状況からの出撃が多くなってきた。)サーフで着岸するときは準備が必要なのです。

◆サーフで着岸する時の装備

DSC04419.jpg  
ルアー、魚探、フラッグ、食料、その他の小物は全て中央のストレージに収納。この収納力がプロフィッシュの魅力の一つです。

ロッド、ランディングネット、バッカンなど、ストレージに入りきらない物は、ゴムネットをかぶせて流出しないように保護。(自転車カゴ用のネットを使ってます。)

バックシートも取り外し、カヤックサーフィンの体勢に。

そして‥クーラーボックスをシートポジジョンに??

DSC04440.jpg  

波が高く、もうこれはヤバイって時は、クーラーボックスを前に移して人間が後ろのオープンラゲッジへ座ります。

この方法が正攻法なのかは分りませんが、重心が後方へ移ることによって波に対してカヤックが横向かされる事が無くなります。そして後方重心になる事によって、バウが勝手に浮くのでバウ沈も無くなります。

試してみると分るのですが、波乗りしてみると、本当にビックリするほど安定します。結構な高さの波でもまずコケル事は無いと思います。(あくまで個人の実感です。)

欠点としては、極端な後方重心になるのでパドリングしても全然進みません。ポジションも悪くパトリングには向きません。あと、X-13なんかはオープンラゲッジの素材肉厚が薄く、体重を掛けると凹んでしまいます。軽量化のためでしょうか。ちょっと不安になります。ちなみにプロフィッシュはリブが入ってますのである程度は大丈夫かと思われます。

まあ‥もともと人が座る設計はしていないでしょうから当然なのでしょうが‥

一度試す価値はあるかも知れません。ただし正規の乗り方では無いでしょうから、トライする場合は十分注意して下さいね。

# 10/09/26の釣果

昨日は台風の影響で全く出れません。

今日は風も収まり、何とか行けそう。茨城方面も考えたけど、あちらは波が3m以上。しかも強風予報。

死にたくは無いので諦め。

内房方面は波も無く、なんとかいけそうかな‥

朝4時に起きてウジウジ悩んだ結果‥

◆ラ・ヨーンへ出撃!

20100102_0 
朝一でドコに行こうか悩んでたおかげで7時30分の出撃となりました。

何気に結構荒れてます。

波もあるし、風もある。結構辛いけど出れないまででもない。

結構人は多く、10艇程浮いてそうです。

情報だと朝一でバタバタっと釣れたらしい。期待を胸に出撃!

が‥そうは簡単に釣れません。時合いってモンがあるらしいです。

10時前頃からでしょうか、風も収まり、釣りやすくなってきます。

それでも釣れません‥

シャローから、アクアライン橋脚のディープも試しますがダメ。

アクアライン沿いを漕いでると‥1m程の巨大な魚影!「なんだありゃ‥」と思って接近してみると!

「サメだあ~!」

こんなところにもサメがいるんですね~!ビックリです。なんだか弱ってる感じでフラフラ泳いでました。

今日の収穫はコレだけ‥でした。

で‥11時くらいにはそそくさと撤収。シメはいつものカップラーメン。

20100102_4

がっしり3D麵が美味しいです。スーパーカップ。醤油も味噌もイケます。

==オマケ==

こんなの頂きました。

20100102_3 

マゴチです。50cmくらいはあります。バイブレーションにバイトしてきたそうな。

お土産に頂ました。ありがとう。ミスターH

# 10/09/26の釣果

昨日は台風の影響で全く出れません。

今日は風も収まり、何とか行けそう。茨城方面も考えたけど、あちらは波が3m以上。しかも強風予報。

死にたくは無いので諦め。

内房方面は波も無く、なんとかいけそうかな‥

朝4時に起きてウジウジ悩んだ結果‥

◆ラ・ヨーンへ出撃!

20100102_0 
朝一でドコに行こうか悩んでたおかげで7時30分の出撃となりました。

何気に結構荒れてます。

波もあるし、風もある。結構辛いけど出れないまででもない。

結構人は多く、10艇程浮いてそうです。

情報だと朝一でバタバタっと釣れたらしい。期待を胸に出撃!

が‥そうは簡単に釣れません。時合いってモンがあるらしいです。

10時前頃からでしょうか、風も収まり、釣りやすくなってきます。

それでも釣れません‥

シャローから、アクアライン橋脚のディープも試しますがダメ。

アクアライン沿いを漕いでると‥1m程の巨大な魚影!「なんだありゃ‥」と思って接近してみると!

「サメだあ~!」

こんなところにもサメがいるんですね~!ビックリです。なんだか弱ってる感じでフラフラ泳いでました。

今日の収穫はコレだけ‥でした。

で‥11時くらいにはそそくさと撤収。シメはいつものカップラーメン。

20100102_4

がっしり3D麵が美味しいです。スーパーカップ。醤油も味噌もイケます。

==オマケ==

こんなの頂きました。

20100102_3 

マゴチです。50cmくらいはあります。バイブレーションにバイトしてきたそうな。

お土産に頂ました。ありがとう。ミスターH

# 10/09/26の釣果

昨日は台風の影響で全く出れません。

今日は風も収まり、何とか行けそう。茨城方面も考えたけど、あちらは波が3m以上。しかも強風予報。

死にたくは無いので諦め。

内房方面は波も無く、なんとかいけそうかな‥

朝4時に起きてウジウジ悩んだ結果‥

◆ラ・ヨーンへ出撃!

20100102_0 
朝一でドコに行こうか悩んでたおかげで7時30分の出撃となりました。

何気に結構荒れてます。

波もあるし、風もある。結構辛いけど出れないまででもない。

結構人は多く、10艇程浮いてそうです。

情報だと朝一でバタバタっと釣れたらしい。期待を胸に出撃!

が‥そうは簡単に釣れません。時合いってモンがあるらしいです。

10時前頃からでしょうか、風も収まり、釣りやすくなってきます。

それでも釣れません‥

シャローから、アクアライン橋脚のディープも試しますがダメ。

アクアライン沿いを漕いでると‥1m程の巨大な魚影!「なんだありゃ‥」と思って接近してみると!

「サメだあ~!」

こんなところにもサメがいるんですね~!ビックリです。なんだか弱ってる感じでフラフラ泳いでました。

今日の収穫はコレだけ‥でした。

で‥11時くらいにはそそくさと撤収。シメはいつものカップラーメン。

20100102_4

がっしり3D麵が美味しいです。スーパーカップ。醤油も味噌もイケます。

==オマケ==

こんなの頂きました。

20100102_3 

マゴチです。50cmくらいはあります。バイブレーションにバイトしてきたそうな。

お土産に頂ました。ありがとう。ミスターH

# カヤックサーフィンの発見①

最近、カヤックではまってる物がある。

それはカヤックサーフィン。ハマってます。

カヤックサーフィンしてて発見した事が沢山あります。色々ありますが順番に書いて行こうと思います。思いついた順位適当に書いてみます。

※あくまでカヤック暦1年のカヤック初心者から見た目線ですので参考程度にご覧下さい。

まずは‥

◆プレデタープロフィッシュに弱点発見!

おそとマンの愛艇。バイキングカヤックのプレデタープロフィッシュです。

DSC04413.jpg

浸水なし!安定性よし!スピードよし!積載量よし!収納多し!

特に防水性と収納に関しては他にライバルはいないでしょう。ずば抜けて素晴しいと思います。

良いとこだらけのこのカヤック!コレまではどこも悪いところが見当たりませんでした。しか~し!

カヤックサーフィンするようになってから弱点が判明!それは‥

ここ!


 
①シート背面の背もたれ部分と②フットブレイスです。

どういう事かというと‥

カヤックサーフィンをしていて分ってきたのですが、スピードの速い大きな波に押されると、艇が横を向いてしまいます。ナゼ横向くかというと‥、カヤックが波で押され始め、スターンが持ち上げられてくると、バウが波に刺さる感じになります。

 
そうすると、バウの抵抗が増え、更に後からスピードのある波に押されることによって、座っている重心付近を中心に、艇が横に回転してしまいます。こうなるともはやコントロール不能。波が崩れるまでは何とか姿勢を保てるのですが、波が崩れ始めるともはや撃沈するしかありません。

横向かされた場合は、ブローチングという方法で、波側に体重をかけて波に押されながら岸に戻る方法もあります

TEAM NWさんからの受け売りです(^_^;))

しかし、波が大きくなるとその力も大きく、大きな波の場合は体重をかけてもかなりの確立で引っくり返されます。

さらに、バウ側が波に刺さりすぎると、バウ沈という恐ろしい事態が!

youtubeでこんな映像発見しました。バウ沈ではない??スターン沈??のようですが‥恐ろしいです。

(よく見ると、kayak55にも登録されている team sea chickenさんではなかろうかと思います。ちょっと恐ろしい映像ですよね~。本物のカヤッカーは凄い!)

◆横向かされないように波に乗る!

まさに大きなうねりが後方から迫ってくる!。そしてその波に乗ろうとするタイミングで、パドリングで加速。スターンが波に持ち上げられ始まったら、後方へ体重をかけてバウを浮かし、バウが波に刺さらないようにします。

そのとき、足はフットブレイスの出来るだけスターン寄りで思いっきり踏ん張ります。

足を踏ん張らないで体だけ後ろへのけぞっても、ナゼか後方荷重にはなりません。足を踏ん張って後方へ荷重をかけるイメージなのでしょうか‥。

そしてスターンが波に押されないようカヤックを加速させ、波にうまく乗らなければなりません。

まさにカヤックサーフィン!この加速感と、波に乗れたときの快感と言ったら‥クセになります。

ここから、やっとプロフィッシュの弱点につながるわけです。(前置き長くてスイマセン)

①シート背面

角度が立ちすぎてて体を反らす場合に腰が当たってうまく後方荷重が出来ません

DSC04414.jpg

②フットブレイス

DSC04412.jpg

引っ掛かりの段差が低く、踏ん張りが効きません。テイクオフ時は出来るだけ後方荷重にしたいので足を縮めた状態で体を後方へ押し付けるように踏ん張ります。尚且つパドリングもするので、よけい踏ん張ります。すると‥足が「つるっ」っと外れて踏ん張りが効かない場合があります。

この2つが今のところ、おそとマン的なプロフィッシュの弱点です。①はどうしようも無いですが、②に関しては外付けのフットブレイスを追加することによって解決できそうですね。

今のとこ、バイキングのプレデタープロフィッシュはこの2つを覗いては不具合は見当たりません!今、超お気に入りのカヤックです。

バイキングカヤックさ~ん!荷重移動しやすい運動性能の高いフィッシングカヤックのデビューをお待ちしております!

※長々と書きましたが、簡単に言うと、バイキング プレデタープロフィッシュは素晴しいと言う事です。以上!

# カヤックサーフィンの発見①

最近、カヤックではまってる物がある。

それはカヤックサーフィン。ハマってます。

カヤックサーフィンしてて発見した事が沢山あります。色々ありますが順番に書いて行こうと思います。思いついた順位適当に書いてみます。

※あくまでカヤック暦1年のカヤック初心者から見た目線ですので参考程度にご覧下さい。

まずは‥

◆プレデタープロフィッシュに弱点発見!

おそとマンの愛艇。バイキングカヤックのプレデタープロフィッシュです。

DSC04413.jpg

浸水なし!安定性よし!スピードよし!積載量よし!収納多し!

特に防水性と収納に関しては他にライバルはいないでしょう。ずば抜けて素晴しいと思います。

良いとこだらけのこのカヤック!コレまではどこも悪いところが見当たりませんでした。しか~し!

カヤックサーフィンするようになってから弱点が判明!それは‥

ここ!


 
①シート背面の背もたれ部分と②フットブレイスです。

どういう事かというと‥

カヤックサーフィンをしていて分ってきたのですが、スピードの速い大きな波に押されると、艇が横を向いてしまいます。ナゼ横向くかというと‥、カヤックが波で押され始め、スターンが持ち上げられてくると、バウが波に刺さる感じになります。

 
そうすると、バウの抵抗が増え、更に後からスピードのある波に押されることによって、座っている重心付近を中心に、艇が横に回転してしまいます。こうなるともはやコントロール不能。波が崩れるまでは何とか姿勢を保てるのですが、波が崩れ始めるともはや撃沈するしかありません。

横向かされた場合は、ブローチングという方法で、波側に体重をかけて波に押されながら岸に戻る方法もあります

TEAM NWさんからの受け売りです(^_^;))

しかし、波が大きくなるとその力も大きく、大きな波の場合は体重をかけてもかなりの確立で引っくり返されます。

さらに、バウ側が波に刺さりすぎると、バウ沈という恐ろしい事態が!

youtubeでこんな映像発見しました。バウ沈ではない??スターン沈??のようですが‥恐ろしいです。

(よく見ると、kayak55にも登録されている team sea chickenさんではなかろうかと思います。ちょっと恐ろしい映像ですよね~。本物のカヤッカーは凄い!)

◆横向かされないように波に乗る!

まさに大きなうねりが後方から迫ってくる!。そしてその波に乗ろうとするタイミングで、パドリングで加速。スターンが波に持ち上げられ始まったら、後方へ体重をかけてバウを浮かし、バウが波に刺さらないようにします。

そのとき、足はフットブレイスの出来るだけスターン寄りで思いっきり踏ん張ります。

足を踏ん張らないで体だけ後ろへのけぞっても、ナゼか後方荷重にはなりません。足を踏ん張って後方へ荷重をかけるイメージなのでしょうか‥。

そしてスターンが波に押されないようカヤックを加速させ、波にうまく乗らなければなりません。

まさにカヤックサーフィン!この加速感と、波に乗れたときの快感と言ったら‥クセになります。

ここから、やっとプロフィッシュの弱点につながるわけです。(前置き長くてスイマセン)

①シート背面

角度が立ちすぎてて体を反らす場合に腰が当たってうまく後方荷重が出来ません

DSC04414.jpg

②フットブレイス

DSC04412.jpg

引っ掛かりの段差が低く、踏ん張りが効きません。テイクオフ時は出来るだけ後方荷重にしたいので足を縮めた状態で体を後方へ押し付けるように踏ん張ります。尚且つパドリングもするので、よけい踏ん張ります。すると‥足が「つるっ」っと外れて踏ん張りが効かない場合があります。

この2つが今のところ、おそとマン的なプロフィッシュの弱点です。①はどうしようも無いですが、②に関しては外付けのフットブレイスを追加することによって解決できそうですね。

今のとこ、バイキングのプレデタープロフィッシュはこの2つを覗いては不具合は見当たりません!今、超お気に入りのカヤックです。

バイキングカヤックさ~ん!荷重移動しやすい運動性能の高いフィッシングカヤックのデビューをお待ちしております!

※長々と書きましたが、簡単に言うと、バイキング プレデタープロフィッシュは素晴しいと言う事です。以上!

# カヤックサーフィンの発見①

最近、カヤックではまってる物がある。

それはカヤックサーフィン。ハマってます。

カヤックサーフィンしてて発見した事が沢山あります。色々ありますが順番に書いて行こうと思います。思いついた順位適当に書いてみます。

※あくまでカヤック暦1年のカヤック初心者から見た目線ですので参考程度にご覧下さい。

まずは‥

◆プレデタープロフィッシュに弱点発見!

ホエア君の愛艇。バイキングカヤックのプレデタープロフィッシュです。

DSC04413.jpg

浸水なし!安定性よし!スピードよし!積載量よし!収納多し!

特に防水性と収納に関しては他にライバルはいないでしょう。ずば抜けて素晴しいと思います。

良いとこだらけのこのカヤック!コレまではどこも悪いところが見当たりませんでした。しか~し!

カヤックサーフィンするようになってから弱点が判明!それは‥

ここ!


 
①シート背面の背もたれ部分と②フットブレイスです。

どういう事かというと‥

カヤックサーフィンをしていて分ってきたのですが、スピードの速い大きな波に押されると、艇が横を向いてしまいます。ナゼ横向くかというと‥、カヤックが波で押され始め、スターンが持ち上げられてくると、バウが波に刺さる感じになります。

 
そうすると、バウの抵抗が増え、更に後からスピードのある波に押されることによって、座っている重心付近を中心に、艇が横に回転してしまいます。こうなるともはやコントロール不能。波が崩れるまでは何とか姿勢を保てるのですが、波が崩れ始めるともはや撃沈するしかありません。

横向かされた場合は、ブローチングという方法で、波側に体重をかけて波に押されながら岸に戻る方法もあります

TEAM NWさんからの受け売りです(^_^;))

しかし、波が大きくなるとその力も大きく、大きな波の場合は体重をかけてもかなりの確立で引っくり返されます。

さらに、バウ側が波に刺さりすぎると、バウ沈という恐ろしい事態が!

youtubeでこんな映像発見しました。バウ沈ではない??スターン沈??のようですが‥恐ろしいです。

(よく見ると、kayak55にも登録されている team sea chickenさんではなかろうかと思います。ちょっと恐ろしい映像ですよね~。本物のカヤッカーは凄い!)

◆横向かされないように波に乗る!

まさに大きなうねりが後方から迫ってくる!。そしてその波に乗ろうとするタイミングで、パドリングで加速。スターンが波に持ち上げられ始まったら、後方へ体重をかけてバウを浮かし、バウが波に刺さらないようにします。

そのとき、足はフットブレイスの出来るだけスターン寄りで思いっきり踏ん張ります。

足を踏ん張らないで体だけ後ろへのけぞっても、ナゼか後方荷重にはなりません。足を踏ん張って後方へ荷重をかけるイメージなのでしょうか‥。

そしてスターンが波に押されないようカヤックを加速させ、波にうまく乗らなければなりません。

まさにカヤックサーフィン!この加速感と、波に乗れたときの快感と言ったら‥クセになります。

ここから、やっとプロフィッシュの弱点につながるわけです。(前置き長くてスイマセン)

①シート背面

角度が立ちすぎてて体を反らす場合に腰が当たってうまく後方荷重が出来ません

DSC04414.jpg

②フットブレイス

DSC04412.jpg

引っ掛かりの段差が低く、踏ん張りが効きません。テイクオフ時は出来るだけ後方荷重にしたいので足を縮めた状態で体を後方へ押し付けるように踏ん張ります。尚且つパドリングもするので、よけい踏ん張ります。すると‥足が「つるっ」っと外れて踏ん張りが効かない場合があります。

この2つが今のところ、ホエア君的なプロフィッシュの弱点です。①はどうしようも無いですが、②に関しては外付けのフットブレイスを追加することによって解決できそうですね。

今のとこ、バイキングのプレデタープロフィッシュはこの2つを覗いては不具合は見当たりません!今、超お気に入りのカヤックです。

バイキングカヤックさ~ん!荷重移動しやすい運動性能の高いフィッシングカヤックのデビューをお待ちしております!

※長々と書きましたが、簡単に言うと、バイキング プレデタープロフィッシュは素晴しいと言う事です。以上!

# 10/09/19の釣果

本日風は無いけどウネリが凄い‥

ちょっとビビりながらの出撃です。

出撃の時はこんな感じ↓

20100918_3 
カメラ構えてたら、ずぶ濡れになってしまいました。こんな時は止まってはイケマセン!ひたすら波と直角に前進あるのみ!

◆命名!

本日も茨城太平洋。ちなみにここを勝手に命名しました。「ワイキキ」です。青い空に白い砂。

命名したのX-13隊、ブルー のOさんです。

20100918_4 
何だか秋の雰囲気漂ってます。それでも青い空です。

20100919_24 

写真を撮る影がバッチリ映ってます。それでも白い砂です。

ここはワイキキ。青い空と白い砂。リゾートです。

◆釣果は‥

引き続きアジ祭り開催中!ドコもかしこもアジだらけ~!

飛ばしサビキ三本針に5本のアジが掛かってくる高活性。しか~し!申し訳ありませんが写真が無いんです~。

◆こんなん出ました!

メタルジグにバイト!っていうか引っ掛かっただけ‥

20100919_9 

◆続いてこんなん出ました!

20100919_10 
超デッカイカワハギ!と思ったら‥「マトウダイ」というフランス料理に出てくる食材らしい。40upです!デッカイです。

なんだか‥おじいさんみたいな顔(^.^)

ヒラメを狙ってアジの泳がせ釣りをしてたらヒットしました。一瞬ヒラメかと思ったけど‥

20100919_11 

うえーっ!口が伸びる~!!

◆本日波高し!

釣果はイマイチ。アジはドコでも爆釣状態。かなりのアジを確保しました。ご近所に配達します。

さあ、そんなこんなで着岸の時間がやってまいりました。

かなりビビリながらの着岸‥

だってこんなに波高いんだもん。そりゃあビビるって!

20100919_16 

人と波の大きさを比べて見て下さい‥ねっ!ビビるでしょ。

でもね‥勉強しました。サーフィンをしてる人なら当たり前らしいですが‥

波が高いときでも、常に大きい波ばかりが来るわけでは有りません。周期的に大きな波と小さな波を繰り返してます。この周期的にやってくるウネリの事をサーフィン用語で「セット」と呼んでます。

大きなセットが終われば、次は小さなセット。この波が小さくなったタイミングを見計らって‥一気に着岸です。

そうすれば、かなりの確立で生還できることがわかってきました。うーん。最近カヤックサーフィン練習してるお陰ですかね?

なんだか着岸のコツも判ってきた感じがする。また後日、詳しく書いてみます。

本日もビビリながらも生還!できました。パチパチっ!

==本日の釣果==

アジ×入食い マトウダイ×1

以上!

==オマケ==

海上にこんなおバカな人達がいました。

沖のうねりの中で立ってます。本日のうねりは1m以上ありますよ絶対。内心ビビッてましたもん。

でも‥立ってます。

20100919_23 

# プロフィール

OSOTOMAN

Author:OSOTOMAN
★OSOTOMAN
   OUTFITTER★
そとで遊ぶのが大好き!おそとマンです。自然いっぱいの茨城からあちらこちらへ。沖縄大好き。
MTB、カヤック、フィッシング、キャンプ、外ゴハン、トレッキング、さあ出かけますか。

# instagram

# 最新記事

# 検索フォーム


まとめ