★★OSOTOMAN OUTFITTER★★ おそとで遊ぶのが大好きな おそとマン! Let’s OSOTOMAN!

# それいけ おそとマン!

# 2010年大晦日

2010年も最後の日となりました。

IMGP0810 

意味も無く、パソコンが増殖しているおそとマンです。

私的には、カヤックフィッシングにのめりこんだ一年でしたね~。沢山の方々と出会い、楽しい時間を過ごさせていただきました。

また来年も沢山の魚を釣って釣って釣りまくる!つもりで行きましょう!

今年一年、皆様には本当にお世話になりました。ありがとうございました。また来年も楽しい時間をすごしましょう!。

 

 | ホーム | 

# 10/12/18トレッキング

更新が一度遅れだすと、ズルズルいってしまうものですね…

先週に続いてまたまた縦走計画。今度はお客様と一緒に縦走です。人力屋ガイドの常連さん、「リンダさん」登場です。

いやー、リンダさんも体力UPしましたね~。縦走なんて、以前のリンダさんでは考えられないです!ましてや山登りしてるリンダさんなんて誰が想像できるでしょうか。

筑波山で一番短いコースでも膝痛に悩まされていたのがウソのようです。やはり、体を動かして鍛えるというのは重要なのですね!

■乗り遅れ

袋田駅から西金駅までは電車を利用します。水郡線は1時間に1本ほどしかなく、乗り遅れると次の電車を待つことになってしまいます。

今回、朝の出発が遅くなったため電車に間に合うか微妙なところでしたが、何とかギリギリでセーフでした。車を止めたら一気に走ってホームに行き、なんとか飛び乗りました。ふ~っ。間に合った!

無人駅(人はいますが…)だからこそできる芸当でしょうか。

■西金駅です。

IMGP0759.jpg  
西金駅から徒歩開始です。

■大円地

IMGP0765.jpg
大円地へ到着。当日は気温が低く、霜が降りてます。あたりは白くなってます。リンダさんも寒さのあまり、直立です。

■そばやメニュー

IMGP0766.jpg

大円地山荘のメニュー看板です。いつも食べたいと思いながら、まだ行ったことはありません。

■勇ましいリンダさん

IMGP0770.jpg
奥久慈男体山は結構険しいです。各ガイドブックによると、これでも初心者コースなのです。って事は、中級~上級者コースってどんだけ険しいのだろうか?

しかし、リンダさんも勇ましくなりましたね!頼もしです。

■思ったより険しいでしょ!

IMGP0773.jpg

段々と山登りっぽくなって来たでしょ。男体山は鎖場が多く、楽しいです。

IMGP0784.jpg

足を踏み外すと…結構すごい事になりそうです。でもゆっくり登って行けば、まったく問題ありません。

IMGP0775_20120218225709.jpg
リンダさんもカッコつけてます。ホントたくましくなりました。

■雪があります。

IMGP0796.jpg

山頂付近の日影側は雪が残っていました。2010年初雪です。

■山頂です。

IMGP0800.jpg

山頂で記念写真。いつ来てもよい景色です。心が癒されますね~。

何かで読みました。

「海で浄化し、山で充電する。」

なるほど。

■お昼ごはん

IMGP0801.jpg

インスタントラーメンも飽きたので、カップラーメンにしました。

正直言うと、インスタントラーメンを作るのが面倒くさかっただけです…

■風が気持ちいい~

  IMGP0802.jpg

崖の下から吹き上げてくる風が、超気持ち良いです。

すごい勢いの風が吹いてきて、なんだか自然を体全体で感じてる瞬間です。これがカヤックでの海上だと、そんな余裕はありませんが…

■ゴールへ

IMGP0807.jpg
月居神社が見えたらゴールは間近です。袋田の滝はもう目の前。

リンダさん。ここまでよく頑張りました。パチパチっ!

■家ごはん

IMGP0808.jpg
今日の夕食は大好きな豚肉。最近のお気に入りは豚バラのブロックを、厚めにスライス。塩コショウのみの味付け。ニンニク醤油につけてもOK!本当は炭火で焼きたいけど、お魚グリルでも美味しく焼けます。

シンプルにして最高です。

==トレッキングデータ==

歩行距離:16km

歩行時間:8時間20分

(超ゆっくりペースで歩きました。時間はかかったけど楽に歩けました。)

お疲れさん!

 | ホーム | 

# 10/12/12トレッキング

1週間遅れの更新です。

茨城県奥久慈、男体山縦走コースへ行って来ました。奥久慈男体山から袋田の滝へ縦走するコースです。

※「縦走」とは尾根をたどり、山から山へ歩いていくスタイルです。

山から山へ歩いていくので、当然スタートとゴールが別の場所となっています。ゴール地点からの帰りの足が必要となります。そこで!今回は初めて電車を使っての計画となりました~!

コース概要は‥

【袋田駅】から電車を使って【西金駅】に到着。そこからトレッキングスタートです。

コースは西金駅⇒大円地⇒男体山山頂⇒袋田の滝⇒袋田駅です。

◆出発

IMGP0631.jpg  
まずは水郡線、袋田駅。ここがトレッキングのゴール地点となります。ここから電車に乗って西金駅へ向かいます。

 IMGP0640.jpg >

ローカル線の電車を使っての移動なんて‥なんだかすごい遠くに旅行へ来た気分です。

◆西金駅へ到着

IMGP0643.jpg  
水郡線 西金駅に到着。袋田から10分くらいですかね。電車だと近いですね。はたして、歩いて戻ると何時間掛かるのでしょうか?

水郡線の駅はログハウス風の駅が多いようです。しかも無人駅です。なんだか癒されます。

◆奥久慈男体山へ

西金駅から男体山登山口までは歩いていきます。駅から登山口までは舗装路を歩いて行きます。

IMGP0647.jpg  

いつ来ても癒される町並みです。まるで大正時代にタイプスリップしたような気分になります。この辺りでは皆、家に薪を積んであります。今でも薪ストーブなんかを使っているのでしょうか?

IMGP0659.jpg  
今から向かう男体山です。ガケです。険しいです。

◆ヤギ発見!

IMGP0668.jpg  

登山口の大円地山荘(ソバ屋)裏でなにゃら動物の鳴き声が‥

行ってみると、ヤギさんが出てきてコチラを見てます。なんだか可愛いですね~。「め~め~」鳴いてます。

登り道は前回と一緒。

アットいう間に頂上です。

◆頂上です。

IMGP0698.jpg  
本日も透き通った空。気持ちいい~!

茨城は山が少なく、平野ばかりのハズですが、こうやって見てみると、意外と山ばかりなんですね。

恒例となったインスタントラーメンを作ります。本日も卵入りの豪華仕様!

IMGP0703.jpg  
しかし、正直ラーメンは飽きてきた。いつも同じ具だしねえ‥他のバリエーションを考えよう。

◆ここから縦走

IMGP0704.jpg  
さあ、ここから袋田の滝まで歩いていきます。

山の尾根を縦走していきます。袋田の滝までは遠い遠い道のりです。

◆登ったり下ったり

縦走って大変です。登って下りて、また登って下りて。やっと終わりかな‥と思えばまた登り。これが結構大変ですね‥

いろんな景色があって楽しめますが、道はひたすら登って下りて、登って下りて、また登って‥です。下りは良いんだけど、登りになると途端に、疲れる。重力に逆らうのは大変です。

◆灰皿

ナゼだか男体山は各所に灰皿が用意されてます。

IMGP0727.jpg  

以前に山火事があったそうで、その対策なのでしょうかね。枯葉が積もっているところに灰皿がある‥なんだか逆効果な感じがしますが、効果はあるのでしょうか。

◆歩くこと2時間ぐらいか

IMGP0740.jpg  
男体山から歩くこと2時間半くらいでしょうか。見た事のある景色と出会います。

やっと袋田近辺へ到着です。ここまで来るともう安心。あとは下っていくだけ。ゴールはもう少し。

◆下山です。

IMGP0745.jpg  

やっと山から下りて来ました。ここから袋田駅までは車道を歩いて戻ります。ここで、下山後のデザートタイム。

IMGP0747.jpg

「鮎」と「だんご」で~す。やっぱり「うま~い!」

淡水の魚の王様でしょうか。鮎は最高に美味しいですね!

◆戻ってきた

IMGP0749.jpg  
ヘロヘロになって戻って着ました。袋田駅です。もうヘロヘロです。でも縦走ってなんだかワクワクするし、楽しい。山頂だけを目指して上へ上へも良いが、横方向に歩くのもまた楽しいんですね。勉強になりました。

==トレッキングデータ==

101212nantai_tukiori.jpg  
歩行距離:15.5km

歩行時間:6時間34分(食事、休憩含む)

高低差:約600m

==温泉==

今日の温泉は

「森林の湯」(もりのいでゆ)

IMGP0755.jpg  
大きな露天風呂と内風呂、サウナ、食事も出来る大広間、設備の充実した温泉でした。

露天風呂は森にかこまれ、森林浴しながら温泉って贅沢な感じです。ちょっと残念だったのが、内風呂はカルキ臭が漂っており、温泉というよりはプールといった感じでした。

それでも気持ちよい温泉でした。大広間ではソバなどの軽食が食べられます。寝っころがる事も出来るし、思わず帰るのが面倒くさくなるぐらいにくつろげます。

 | ホーム | 

# 10/12/05トレッキング

いかんぞ。最近ブログ更新がままならん。

トレッキングから帰ってきたらヘトヘトで更新できません。しかも平日は仕事に時間を取られすぎ。困ったものです。

まあ、仕事があるだけでも幸せですが‥

◆奥久慈男体山

茨城県は山があんまりありません。低い山しかありません。その中で名低山と呼ばれている(らしい)山がありました。奥久慈にある「男体山」です。なんだか男体山って名前の山はあちこちにあるんだね。筑波山も男体山だもんね‥

他の男体山とも区別する意味なのか、【奥久慈男体山】と呼ばれているようです。その登山コースは変化に富んでおい、かなり楽しいらしいとの噂を聞き、早速行ってみました。

◆本日のコースは

西金駅に駐車⇒湯沢温泉経由⇒大円地⇒大円地越⇒男体山頂上⇒男体神社⇒滝倉入口⇒西金駅へ

車を停めてある西金駅から出発して西金に戻る一周コースです。時間にして約5時間。距離にして約15km程のコースです。ロングコースですが、半分くらいは道路を歩きます。楽なんだけど、ちょっと残念‥です。

◆西金駅からスタート

IMGP0525.jpg  

道路へ出てすぐに男体山の看板があります。

IMGP0526.jpg  

舗装された道路を歩いていきます。登山口まで結構な距離があります。

IMGP0528.jpg  

途中で農村を通りますが、昔からある農村なのでしょう。昔のやり方を感じ取れるような、なんとも言えない味のある景色を楽しみながら歩いていきます。

◆登山口へ

一時間ほど歩くと、やっと登山口の看板が見えてきます。

IMGP0545.jpg  

矢印の方向へ更に5分くらいでしょうか。

ソバ屋があります。ここが大円地なのでしょうか。昔からの農村といった雰囲気の建物が数軒あります。古き良き日本といった感じでしょうかね。

IMGP0553.jpg  
ちなみに、ここのソバ屋は美味いらしいです。今度行ってみよう。

◆登山口です。

ここから登山口になってます。

IMGP0554.jpg

なんども言うようですが、昔からこんな雰囲気だったんだろうな~って感じの中を歩いて行きます。心が和むイイ雰囲気をかもし出しています。

IMGP0557.jpg  

こんな茶畑?の横を歩いていきます。

◆すぐに分岐です。

IMGP0559.jpg

ここから健脚コースと一般コースに分岐します。しか~し!現在は‥(2010/12/05現在)

IMGP0558.jpg  
なに~!!

健脚コースが面白いと聞いて来たのに~。あ~あ。残念。何かあると封鎖。やっぱりお役所はしょうが無いのでしょうか。まあ、封鎖されてる以上はしょうがありません。一般コースへと向かいます。

IMGP0561.jpg  
木々に覆われた道を歩いていきます。

IMGP0569.jpg  
紅葉したカエデがまだ残ってました

◆大円地越です。

IMGP0576.jpg  
大円地越です。テーブルやベンチがあって休憩にはもってこいの場所です。大円地からここまで40分ほどでしょうか。まだ休憩には早いので、先へ進みます。

IMGP0577.jpg  
大円地越からは、一気に男体山頂上へ向かって登っていく感じです。急勾配な箇所も出てきます。IMGP0580.jpg  
途中で景色が開けました。奥久慈男体山は切り立った場所が多く、険しい感じがします。

IMGP0588.jpg  

道の両サイドが切り立ってます。怖いです。

◆頂上です!

IMGP0593.jpg

IMGP0598.jpg  
なんだかんだで頂上到着。素晴しい眺めで~す!標高654mとの事ですが、見晴らしは最高です。

大円地からは約1時間gぐらいですか。意外に早かったです。

◆定番のラーメンです。

IMGP0600.jpg  

本日味噌ラーメン。コンビニでの野菜パックを入れてみました。¥100でモヤシ、キャベツが入っていてお得な感じです。相変わらず、美味しい~!

◆下山です。

IMGP0604.jpg  
下山は滝倉方面へ向かいます。

IMGP0612.jpg  
途中で「男体神社」を経由します。巨大な杉に囲まれて、雰囲気あります。日光杉並木みたい。

◆コンパス

IMGP0619.jpg  
ところで、今回非常に役に立ったのがコンパスです。男体山は初めてのルートでしたが、結構分岐が多く、ドッチか迷う場面がありました。その場面でコンパスが非常に役に立ちました。

大子町観光協会のサイトでダウンロードした「男体山登山マップ」と併用したのですが、非常に使いやすく、また正確に方向を掴めました。看板の立っていない分岐では一瞬不安になるのですが、コンパスを使うと進む方角を知ることができるので、初めてのコースでも安心して進めました。今後は常にコンパスを持って行きたいと思います。

IMGP0620.jpg

男体神社からは、舗装路となり、あとは道路を延々と歩いて西金駅に戻ります。舗装路になるとテンションダウンするのは何故??

◆帰りは温泉

IMGP0626_20140301131829adc.jpg  
最近トレッキング後の楽しみ。日帰り温泉です。

今回は、「関所の湯」へ行ってみました。日帰料金は平日¥700、土日¥1000です。自然に囲まれた露天風呂もあってゆっくりできます。歩いた後の温泉は最高!

==トレッキングデータ==

101205oku_nantaisan.jpg  
歩行時間:4時間50分(休憩含む)

歩行距離:14.7km

高低差:約600m

感想:奥久慈男体山、景色も道も変化があって面白いです。健脚コース行きたかった‥ちなみに、次回は男体山~袋田の滝までの縦走を計画中。

==オマケ==

夕食は那珂湊おさかな市場で買ってきた「イクラちゃん」たっぷりのイクラ丼。最高!

IMGP0628.jpg  

 | ホーム | 

# 10/11/28トレッキング

前日の霞ヶ浦一週127kmの疲れも抜けないまま、筑波山トレッキング。

太ももが重い。でもね‥このダルい体を無理に動かすのが快感!なんだか危ない人となってきました。おそとマンです。

★本日ルートは

薬王院~男の川ルート~山頂~薬王院ルートにて下山。

筑波山麓も紅葉真っ盛り。紅葉がやっと下界まで来ましたね♪

20101128_0 

山頂付近は紅葉を通り越して、葉っぱが落ちてしまって冬の景色。

本日スタート地点の薬王院は本当に、きれいな紅葉真っ盛りです!

20101128_1 
ご覧下さいこの景色。京都みたいでしょ!

写真の腕が悪いのは勘弁してください‥

◆男の川ルート(おのがわ)

いつもの薬王院登山道から登り始めて、約30分。舗装された林道に出ます。

20101128_3 
コレを左方面へ行きます。

20101128_4 

舗装された林道【関東ふれあいの道】を歩くこと約20分。

男の川へ到着。

20101128_5 

この沢に沿って、筑波山を登っていきます。流れる沢のお陰か、辺りは少しひんやりしてます。夏に来ると涼しそうですなルートです。

20101128_6 
登山道は自然のままの状態で、イイ感じ。です。階段が整備されてるのもイイのかもしれないけど、あまり整備されすぎてると興ざめしてしまいます。

自然の中を進んでいくのが楽しいですもんね。

20101128_6_1 
つくば近辺だとは思えない、自然の豊かさ。嬉しいなあ。

所々、登山道がはっきりしていない場所が数箇所あります。そんなとこで周囲を見渡すと、木に目印のペイントをしてある箇所がありました。そのペイントを目印に進みます。

ところが‥

20101128_7 
山頂付近でしょうか‥道の跡もない。ペイントの目印もない‥

そんなエリアに来てしまいました。ひょっとして登山道から外れたのかな??

基本はUターンなのでしょうが、GPSを見てみるとい、もう少し登ると自然研究路へつながってます。しょうがないので道なき道を登っていきます。

やっぱり役に立ちます。GPS。自分の現在地をシッカリ把握することが出来ます。しかも以前のルートを登録しておけば、道に迷う事はありません。(過信はいけませんがやっぱり頼りにしてしまいます。)

◆昼ごはん。

今日は山頂まで登らず、途中で裏道を散策。休憩ポイントを見つけて、ラーメン作ります。

今日の具材:ニンニクの芽、ネギ、シャウエッセン、味噌ラーメン、

20101128_8 
そして‥卵!

20101128_9 
黄金の脇役いや主役 。卵を持ってきました~!

卵が入るだけでグッとレベルが引き上げられますね!

最近は、お昼のラーメンを食べるためにトレッキングへ出かけてる感じがします。最高に美味しいですよ~。インスタントラーメン。

==トレッキングデータ==

_10 
薬王院ルート、男の川ルート

歩行距離:8km

歩行時間:3時間20分(休憩含む)

高低差:約800m

 

 

 | ホーム | 

# プロフィール

OSOTOMAN

Author:OSOTOMAN
★OSOTOMAN
   OUTFITTER★
そとで遊ぶのが大好き!おそとマンです。自然いっぱいの茨城からあちらこちらへ。沖縄大好き。
MTB、カヤック、フィッシング、キャンプ、外ゴハン、トレッキング、さあ出かけますか。

# instagram

# 最新記事

# 検索フォーム


まとめ